府中市・近隣市区 不動産売買専門店 わいわいアットホーム 松田博行

「囲い込み調査」TV放送 当社調査協力

自宅に居ながら府中市の不動産売却査定ができます
自宅に居ながら府中市の不動産売却査定ができます

株式会社わいわいアットホーム

〒183-0056

東京都府中市寿町1-4-17寿ビル303

代表 松田 博行

電話 042-319-8622

Fax 042-319-8623

mail info@waiwai7.com

定休日 水曜日・祝日

府中駅北第2庁舎横!

京王線「府中」駅徒歩3分です!

www.waiwai7.jp Blog Feed

本日引渡しと売却委任2軒 (木, 19 9月 2019)
本日、引渡しが1組ございました。   晴見町のマンションでして、 売主様はなんと共有4名。さらにその付添いの人たちが4名。 売主様方の合計はなんと8人という、今までに経験したことのない人数でした。 で、そのうちのお一人は任意後見人みたいな人がついているのかな? 専門家の人もいつも立ち会ってサポートしていました。   これからの時代、こういった形がどんどん増えてくるんだろうなぁと思いました。   買主様は、数度お取引をされているので、とても手際よく手続きをしてくれて、本当に助かりました。 何と言っても、本日の収穫は、買主様にとてもお喜びいただけたことが一番良かったなと思いました。 (私は買主様の担当だったので。) 司法書士も全てご自身で手配するというのは、なかなかできない事です。 (もちろん、売主様にも喜んでいただいております。当然のことですが、、、、。)   ホントは、買主様ともう少しお話ししたかったんだけど、自分も予定があり、いろいろとやることがあったので、少し雑談など今後の事を話した後に解散となりました!   ご近所様ですので、いつでもご相談をいただければ最高です(笑)。     売却委任、横浜、秋田 昨日は、正式に横浜市港北区の中古戸建(平成8年築)の売却委任を正式に頂きました。 何となく、ご希望通りの数字で売れるような気がしています。 そして即決で進みそうな感じがするので、スムーズに売却できればいいなと思います。 で感じたのが流石横浜だなぁと思いました。 その理由は、物件は坂の上の上。 東京都府中市に住んでいるとこれだけの坂はお目にかかれない感じなので、初めてその地域に行くと、結構ビックリします。 その様な立地なので、やはりそのご近所の方にお買い求めいただけるのかなと思います。   秋田に関しては、私の知り合いからのご紹介です。 東京にいる私に売却相談を頂けるとは、とてもうれしいです。 そういえば、府中市内の物件を「京都府の不動産業者」が売却委任を受けているのを、本日たまたまお初で見つけました。 結構レアなケースだなぁと思いながらも、すごく良い経験になるし勉強になるので感謝!(笑) 所有者様と意思疎通をしっかりしていきたいと思っています。     明日 IPhone11を買います 私、ずっとIPhone6plusを使ってまして、多分4年くらい使っているので、バッテリーも超弱い。 電車乗る時100%でも電車降りるとき(1時間弱)には20%台になっていたことがあったのには驚きと焦りがありました(笑)。 そろそろいいかげんに買い換えないとなぁと思っていたら、ちょうど11が出るというので、このタイミングで買い替えちゃいます。 でね。 カメラの性能がとても良くなっているようですね。 仕事ではミラーレス一眼を使っているのですが、時と場合によっては、IPhone11のカメラでも充分に対応できるかもしれない。 仕事もしやすくなるかもしれない。 なんだか、ちょっとだけうれしい気持ちですが、 そもそもスマホ自体に飽きがきているので、アンマリ高揚感もない私です、、、(笑)。   で、最近考えているのがMNPでのSIMカードの交換。 これ、やります。 今までソフトバンクを使っていたのですが、2台で16000円/月位なんです。 たかがスマホになんでこんな高額な費用掛かるんだろうといつも疑問に思ってました。   これがMNPで通信事業者を変えるだけで、2台で6000円/月位になるのだから、違約金払って解約したって絶対に得をするものね。 そう思ったので、10月の新プランが出てきたら、切り替えようと思っています。   なんだか、自由になるのがうれしい(笑)     当社は、ほんとは東京都府中市に根差した地域密着の不動産会社(不動産売買専門)です。   最近、おかげさまでたくさんの売却相談とかを頂いていて、とても感謝でうれしい気持ちです。   なので、できましたら府中市、調布市、小金井市、三鷹市、武蔵野市、日野市、国分寺市、国立市。 このあたりがメインでやっていることもありますので、できる事なら、輪をかけてこの地域の人達に、もっともっとお役にたたせていただきたい(笑)。もちろんその他の近隣市区もちゃんと対応しております。   それと、賃貸仲介のご希望があれば賃貸仲介も承っております。   よろしくお願いいたします!     スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる 土地情報をいち早く欲しい方向け 土地情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け 府中市・近隣市区のマンションの資産価値 マンション売出事例がわかる

>> 続きを読む

中古を買ってフルリフォーム?!リフォーム前に把握しておきたい大切なこと! (Sun, 15 Sep 2019)
最近、新築資材の高騰の影響もあるようで、新築戸建・新築マンションよりも、中古の家を買ってリフォームしたいという方が増えているようです。   その中でもフルリフォーム(スケルトンリフォームとも呼ばれる)を行いたいと考えている方も多いです。   当社のお客様の場合、中古マンションを購入すれば、たいていはリフォームされていますし、中には、壁面・天井を全て漆喰塗りにするというこだわりの方もいらっしゃいます。 自分たちが納得できる、こだわりあるお家で過ごしたいと思う方は、リフォームデザインも斬新で、素敵なお家に仕上げられています。   私もそういったたくさんのお家を見るたびに、見た回数だけ感激があります(笑)。   ご希望の方には、当社で大工さんを手配させていただいております。 本日はそのリフォーム方法と種類について解説したいと思います。     フルリフォーム(スケルトンリフォーム)とは フルリフォームとは、既存の建造物の骨組みである土台や柱、梁だけを残して解体したところから始めるリフォームのことです。 骨組み状態になるまで建物を壊して、建物をリセットするリフォームが、フルリフォームという事になります。   丸見えになる「骨組み」を、建築用語でいう「スケルトン」と言い換えて、スケルトンリフォームとも呼ばれていますが、つまり「ホネホネロックリフォーム」というわけです。   フルリフォームのメリットは、既存の間取りにとらわれることなく、新しい間取りにすることができ、かつ使い勝手の良い住空間に生まれ変わらせることができます。 ただし、耐力壁という構造上重要な壁を取る場合には、結構厄介になることがあります。     戸建フルリフォームを行ったお客様の事例について 戸建てのリフォームには、家全体のフルリフォームから家の一部のリフォームもあり、予算の兼ね合いで、費用もピンキリです。   当社のお客様では、中古マンションのリフォームで1000万円かけた人、700万円かけた人、500万円かけた人、200万円かけた人など、その他多数のお客様がいらっしゃいます。 戸建を購入された方でも、結構なリフォームをされています。   金額の多寡にもよりますが、自分たちの夢をかなえるという目線でリフォームを楽しみながらしている姿はととてもうらやましく(笑)、微笑ましいものです。     小規模フルリフォームと、大規模フルリフォーム 小規模なフルリフォームの代表格と言えば、「水回りのフルリフォーム」や、家の一部をリフォームする小規模なフルリフォームの事です。   中古住宅購入時には多くの方が水回りのリフォームを実施されます。 特に女性の多くは、他人が使った水回りは交換したいと思われる方が多いと感じます。   キッチン、浴室、洗面所やトイレなどは、家の中でも特に汚れが目立つことが多く、綺麗に使用されていても、年式・型式といった時代が感じられるので、使い勝手の向上と節水のためのフルリフォームに人気があります。     内部フルリフォーム 内部フルリフォームとは、フルリフォームで最も需要の多いリフォームです。 既存の住宅の内部のみ骨組み状態まで解体してリフォームを行うため、新しい間取りも実現できます。     外壁のフルリフォーム 外壁のみを新しくするリフォームです。 外壁の痛みがひどい場合に、外壁だけを新しいものにすることで新築のような美観が手に入ります。 同じ家なのか!!と思うくらい見ちがえます。   外壁を、張り替えて交換する方法と、あえて外壁を残しきれいに塗装をすることでレトロ感のある新築っぽさを演出する事もできます。 実は、レトロさを残すリフォームは、けっこう人気があります。     外壁と内部のフルリフォームを同時に行う 内部リフォームと外壁のリフォームを同時に行うフルリフォームは、住宅の内部と外部も骨組みを残して解体しリフォームを行うため、まるで新築のような住宅に生まれ変わることができます。 この方法は、大掛かりなリフォームになってしまうので予算が高くついてしまう場合があります。   ※建築基準法の接道要件を満たせず、再建築不可の物件などは、このような大規模リフォームで建物の機能を向上させ、長く生活することができます。     内部+外壁+窓サッシのフルリフォーム 内部と外壁のフルリフォームに加えて窓のサッシも変えるフルリフォームは、最も大掛かりなフルリフォームになりますが、最もお勧めです。   窓サッシを変えるケースとは、内部フルリフォームをする上で既存住宅のままの窓の位置がおかしいため、窓サッシも変えなくてはならなくなるケースに施行されます。 また、昨今のサッシ性能(遮音・断熱性能)が著しく向上していますので、交換することでより生活しやすい環境を手に入れるための工事でもあります。   ※建築基準法の接道要件を満たせず、再建築不可の物件などは、このような大規模リフォームで建物をきれいにして長く生活することができます。   ※フルリフォームの費用は、リフォームの規模と比例しますので、検討される場合には、まずは見積もりをしてみることをお勧めします。。   水回りのみのフルリフォームなら費用は50万円~400万円ほどですが、それ以外のフルリフォームとなると1,000~1,500万円前後ぐらいの費用をみておくと良いでしょう。 こだわりのリフォームをされる場合には、もう少し費用を上乗せしておくと良いかもしれません。     戸建フルリフォームと、リノベーションの違い フルリフォームと似た意味で「リノベーション」という言葉があります。 それぞれの意味に明確な規定はないため、各企業の基準で使い分けているというのが実情です。   一般的には、 ・新築同様の状態に改築(元の状態に復元)されるのがフルリフォームと言います。 ・用途や機能性をアップさせて「性能をより高めるリフォーム」を行うことをリノベーションと言います。 ※最近ではリクルート社より、『中古を買ってリノベーション』という雑誌が発刊されていますので、それを見て、リノベーションに興味を持たれる方が増えているように感じます。 いろんな雑誌が発刊されているので、夢はますます膨らむ事でしょう。     戸建フルリフォームの坪単価の気になる相場 フルリフォームの検討をする上で、一番気になるのがリフォーム費用だと思います。 しかし! 戸建のフルリフォームの相場価格は、残念ながら一概には提示できません。   なぜなら、、、、。   施工されるフルリフォームの規模や、使う建材や工法などによってかかる費用は異なります。 さらに、土地の形状や前面道路幅員等も工事の段取りに影響してくるからです。 (これは、なかなか気が付かないですよね。)   と言っても、おおよその坪単価相場を知る方法はあります。   リフォーム業者によっては過去のリフォーム案件を価格とともに公開していることもありますし、経験上だいたいの感覚値というものはベテランの大工さんなら持ち合わせているものです。 といっても、建物ごとに状況が違い、感覚値も過去の事例に基づいたものですから、正確な費用については、現場を見てもらいプロに判断してもらうしかありません。   見積りの言った言わないは最もトラブルになることなので、 ちゃんと間違いがないように段取りを組みましょう。     戸建フルリフォームより「建替え」が良い?! フルリフォームと建替えの違いは、 建築物の骨組みを  1.残す 2.残さない ということだけです。   戸建フルリフォームでは、土台や柱や梁などの住宅の基礎となる骨組みは残して解体するところから工事が始まり、一方、戸建の建替えは、既存住宅をすべて解体・整地して、新しく家を建てる事になります。 リフォームも建替えも、大掛かりな工事となるため、その工期は戸建フルリフォームなら3か月ほど、建替えなら4~6ヶ月ほどの長い工期の確保が必要になります。   フルリフォームと建替えのどちらにしても、工事費用の相場は決められません。 その理由は、工事内容や設備などによりその費用は大きく左右されるからです。 (※あらかじめ「決めた予算内」で建築する事はできます。) (※「新築そっ●りさん」みたいな、パッケージ商品であれば、料金は一律いくらと決っていますが、割高だと感じるのは私だけではないような気がします。)   目安とすれば、戸建フルリフォームで少なく見積もっても500万円前後、水回りや階段などの位置を変えるような本気のフルリフォームとなれば1,500万円ほどの費用がかかることもあります。   建替えなら新築住宅を建てることになりますから、外構工事等を含めれば、少なくとも1,500万円から3,000万円ほどかかるでしょう。   ご予算、立地、その他諸事情を考慮して、何を優先するかで考えると良いと思います。     スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる 土地情報をいち早く欲しい方向け 土地情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け 府中市・近隣市区のマンションの資産価値 マンション売出事例がわかる 売却10秒査定 売却10秒査定:個人情報いりません

>> 続きを読む

住宅ローン「0%」時代到来で、減税おつり (Sat, 14 Sep 2019)
ここのところ、住宅ローンの金利が一段と低下してきています。 。長期の固定金利型でも1%を切る例が珍しくなくなってきており、数年前にはとても想像できない金利水準となっています。   住宅ローン控除制度により減税を受ければ、ローン利息を払っても、おつりが来る状況になっており、これから購入しようとする人には追い風になります。   とはいえ、無謀な住宅ローン借入は、人生を破たんさせることもあります。 今回は注意点をいくつか適当な感じで書きます(笑)     お金を借りるほど得をする状態 住宅ローン年末残高の1%相当(最大で年間40万円)が10年間にわたって控除される住宅ローン控除。   もちろんご自身が納めている住民税が上限になるわけですが、金利0.6%で借り入れをすることができれば、0.4%分の還付を受けられるという理屈なので、得をするということになります。   住宅ローン控除は、2019年10月からは3年間延長(10年から13年になる)となるので、更にメリットが増えそうです。   仮に、当初10年の金利が0.67%であれば、10年間で82万円のプラスが生まれるそうです。 ★還付金額ー10年の支払利息=還付金が82万円のプラス。 なるほど、このように計算すると良い投資になるかもしれませんね。     借入計画は冷静かつ焦らないこと 注意しておくべきことは減収リスクです。 何らかの理由で、給料が減ってしまった場合、住宅ローン控除を最大限に受けることができない事もありますが、それよりも住宅ローン返済ができないとなるとアウトです。 (賃貸であっても、家賃が払えなければアウトです。)   住宅ローン控除をメリットを最大限に生かしたいといって無理して借入をするのは、あまり好ましくありません。冷静に判断する事が大切です。   一番大切なことは、住宅ローンは身の丈に合った金額を借りることです。   年収が500万円なら、年間返済額は30%以下(150万円以下)に設定しましょう。 理想的には、20%(100万円)くらいにおさまると本当に無理がありません。 検討する際には、将来親御さんの財産を相続する予定、貯蓄額、ご年齢等を考慮して全体的な材料を見て判断しましょう。   いずれにしても、ご自身が納めている所得税(源泉徴収額)を上限に還付が受けられるので、住宅ローン控除自体は「たなぼた」であるのは間違いなさそうですね(笑)   賃貸物件への入居とは違い、購入の場合には、維持費用を考慮しておかないといけません。 ここでいう維持費用とは、 1.固定資産税等 (納付が必須) 2.修繕費等 (任意で判断) 3.火災保険料 (任意で判断) です。   一戸建てを購入された人も、マンションと同じように修繕積立金の考え方をもって、貯蓄をしておくことが大切です。 お家を所有すると、賃貸よりもグレードが高くなるのは当然なので、その分、金銭面では我慢する部分もあるかもしれません。   しかし、その反面で満足度はかなり違ったものになると思います。   住宅ローン控除。 これは誰にとってもうれしい制度であるのは間違いありませんね。     スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる 土地情報をいち早く欲しい方向け 土地情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け 府中市・近隣市区のマンションの資産価値 マンション売出事例がわかる 売却10秒査定 売却10秒査定:個人情報いりません

>> 続きを読む