困る前の「家族(民事)信託」という選択

家族の幸せはこうやって繋がっていくんだね。きっと。
家族の幸せはこうやって繋がっていくんだね。きっと。

 

相続対策では、新しい制度が注目を集めています。

 

元々、相続税対策の主目的は、争族防止、納税資金の確保・節税ですが、これらの対策のほとんどは、被相続人の死亡後に効果が発揮されるものです。

 

すなわち、遺された親族間の争いを生じさせないようにし、相続税の節税と納税資金を準備することにより、資産の承継を効率よく行おうとするのが相続対策と言えます。

 

ところが、最近では、相続対策の前提となる高齢者の財産管理へのニーズが増えているのです。

 

 

後見人制度と民事信託

 

加齢により判断能力が低下すると十分な財産管理ができなくなり、

重度な認知症まで発症すると意思無能力者になるため、一切の法律行為ができなくなる可能性が高まります。

 

【成年後見人制度】では、一旦後見人が選定されると

①適任な家族が後見人から排除され、

②財産の管理のみで運用(活用)は制限され、

③財産を本人のためにしか活用処分ができなくなるなど、

事実上財産が凍結されることから、相続対策実行上の大きな制約となりました。

 

 

【信託】とは、特定の者(受託者)が一定の目的に従い財産の管理または処分およびその他の当該目的の達成のために必要な行為をすべきものとすることを言います。

 

受託者に専門家(信託銀行、信託会社)ではなく、親族その他信頼関係のある人が就任する信託を民事信託と言い、平成17年に信託法が改正され、様々な場面で幅広く活用できることになりました。

 

判断能力が不十分な人の財産権利を保護し支援する制度である成年後見制度が、本人の意思能力、判断能力が著しく衰えた状態になって初めて利用が可能になるのに対し、信託は意思能力がなくなる前、判断能力の衰える前に準備し、そうなる前やそうなってから、本人の財産や権利を保護することができる制度なのです。

 

超高齢社会となった現代において、資産の放置や劣化を未然に防ぎ、更に資産価値の維持・向上に資する制度として期待されています。

 

このような理由から、死後に重点があった相続対策のニーズが変化し、今後は、生前の財産管理および柔軟な資産承継のための生前準備への対応が不可欠になっております。

 

 

「囲い込み調査」TV放送 当社調査協力

株式会社わいわいアットホーム

〒183-0056

東京都府中市寿町1-4-17寿ビル303

代表 松田 博行

電話 042-319-8622

Fax 042-319-8623

mail info@waiwai7.com

定休日 水曜日・祝日

府中駅北第2庁舎横!

京王線「府中」駅徒歩3分です!

www.waiwai7.jp Blog Feed

リアル。リフォームトラブル! (月, 12 11月 2018)
数年前に当社の事を知っていただいたというAさん。 以前にも、電話で当社に相談をされたことがあったそうです。   今日初めてお会いし、そんなことをお聞きしたので、びっくりと共にうれしい(笑)。 といっても、当のAさんはかなり困っているご様子です。     トラブルは新築分譲の時から 新築分譲住宅を当時購入されたAさん。   当時はとても快適に過ごしていた感じです。 閑静な立地で、静かにお過ごしいただける場所。緑も多く、駅まではほどほどの距離感にあります。当時とすれば素晴らしいと思われるメリットがたくさんあったと伺えます。   で、話しは進み、困っていることがあるとのことでした。 外観を見ると数年前に塗装も完了しており、パッと見はとても綺麗です。 もしも中古一戸建てとして売却活動をすれば、結構な金額でも流通するんじゃないだろうかという感触を持ちました。(個人的には。)     話しを聞くとトラブルは結構多い 早速、お話しを伺ったのですが、外壁をよ~く見ると、ところどころにクラックの痕跡があります。 どうやら以前修復をしたようです。   ところが、修復当時はこのような跡があった訳ではなく、後からだんだんと痕跡が目立ち始めたそうです。 そのため状況を確認することにしました。 室内壁をはがすと、雨漏りが結構あり、壁の内側にはびっしりとカビがあったそうです。 水がしみ込んでいますから木材には腐りが生じていたため、腐りの部分を切り取り、その部分に新しい柱を入れて補修工事をされていました。 その他の部分にも、雨水がしみ込んでいると推測されるので、それらを補修するとなると、数百万円になるとのことでした。 現在は、水気が引き、カビがそこまであるわけでもなく、カビ臭を感じることもありません。   住宅においては、雨漏りは結構な致命傷になります。 雨漏りは白蟻発生にもつながりますし、木は弱くなります。 断熱材がガラスウール等だったりすると、水の重みによってだんだん下がって(ずれ落ちる)くるようです。   その結果、断熱材がない部分ができるため、断熱効果がとても下がってしまうそうです。 こうなると、せっかくの住み心地も悪くなってしまうという事になりかねません。   そしてさらに! 新築時に建築をした業者さんからのプレゼントが今になって発見されました! 壁をはがしたら、天井裏に位置する部分に廃材がきれいに山積みとなっていたのです、、、。     リフォーム業者(担当者)が無知らしく、、、 リフォーム会社に修理を依頼したAさんは、工事をした後数百万円を支払いました。   しかし、工事後の症状に納得がいかず、壁をはがした結果が、さきほどの雨漏りだったので、調停をしているそうです。 それでも、Aさん側の主張が全部認められるわけでもなく、損害賠償額は期待する金額とは程遠い状況です。   さて、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。 推測するにリフォーム業者のリフォーム技術(技量と知識)が未熟なため、適切な施工ができていない様です。実際に、剥がした壁の内側を見せてもらいましたが、結構ひどかったのです、、、。   見てびっくりしない人はいないでしょう、、、きっと。 壁をはがさなければ絶対にわからない部分の症状です。     賃貸管理会社もいいかげん、、、 この症状が出る前に、Aさんは一時期、賃貸に出していたようです。 AさんはB業者に賃貸し、B業者の転貸借を承諾する内容だったようなので、その後、B業者を転貸人(大家)として、Cさん(転借人)が入居しました。   その後雨漏りが発生しました。 当時の状況を伺うに、Cさんの故意過失が原因で雨漏りが発生しています。 それなのに、B業者はAさんにこう言ったそうです。   「こういった雨漏りの場合、Aさんが補修するのは当然のことです。当社もCさんも悪くありません。」   私としては、空いた口がふさがりません。 何とばかチンなB業者だろうかと思いました。 明らかにCさんの過失です。状況を伺うに。   こういったケースの場合、AさんはB業者へ補修の請求ができる権利があります。 B業者はそれに応じつつCさんへ損害を請求すべきなのです。そしてCさんは保険会社へ請求をすべきなのです。   ところが、Aさんが闘った相手は、いい加減なB業者(賃貸管理会社)です。 最終的には、修復費用を請求することなく泣き寝入りという形をとってしまい、その補修に数百万円をかけたそうです。 B業者はかなり有名な大手企業ですから、実に笑えません。     まさに不動産・リフォーム業者選びが失敗している 最近、KYB制振装置、スルガ銀行、その他大手企業などの不正が相次いできますよね。 おかしいと思いませんか? 大手だから安心だと皆さんが思っているはずです。 大手という会社の規模が大きいメリットとは、なんなのでしょうか?   会社の規模が大きい=資本力が大きい=安心も当然大きい=保証がしっかりしている。 こういった理屈が成り立つように思っているかたが、世の中にはたくさんいらっしゃると思います。   しかし、その方程式は全く根拠がないと言わざるを得ませんね、、、。   会社が大きいので、争い(裁判等)になった時には資本力にものをいわせて、闘いぬくこともできる。 私はそんなこともあるのかな(というよりあるんです。)と思ったりもします。   ーーーー なんで、こういった不正が横行するのでしょうか。 会社自体は、従業員に不正をしていいと言うのでしょうか?   いえいえ。 不正をして良いなんてことはコンプライアンス上絶対に言うわけがありません。   それなのに、不正が後を絶たないのは、なぜなのでしょうか?     大手ほどノルマがきつい 不正が後を絶たない理由は、営業マンに与えられている売上ノルマや、 目標ノルマの達成を絶対とする給料体系、昇進昇給構造が原因と、私なりに思っています。   人間だれだって、より多く給料もらいたいでしょ? より高い評価されたいでしょ?   だから、担当者ベースで売上欲しさに「悪いと知っていても」やってしまったり、その責任者(所長や店長、部課長など)も店舗や管轄支部の売上によって自分が評価される側なので、部下のお尻を必要以上に叩き、売上を上げることを指導し、盲目的にさせ冷静な行動と思考力を奪ってしまう結果になってしまうわけです。   リフォーム業者さんの多くは歩合給の所も多いんじゃないでしょうか? 歩合給を多くとるには、とにかく仕事を取るしかありません。 内容を良くするためには、材料費を押さえて利益率を上げるしかありません。 仕事を多くとるには、補修が必要のない箇所であっても、意味がある補修として、仕事をしたいのです。 売上のために。 自分(だけ)のために。   それって、とっても親切でしょ? 10年後には傷みが来るはずなので、(ほんとは今)必要のない工事も今うちにやっておいた方が良い!という素晴らしいアドバイスをしてくれるのですから。   自分の売上欲しさに、お客様が汗水たらして稼いだお金の大切さは、平気で無視するのが当たり前にできる心穏やかな営業マンなのです。   悲しい会社構造、悲しいノルマ主義です。     まとめ(誰に相談するかで結果を左右することがある) 多くの業者は理想を掲げているのですが、実際の現場では、その担当者での対応となり、会社の理想論理はきれいごとに過ぎないという評価になることがあります。   リフォーム業者とかは、通り一遍の業者に頼む時は勇気がいるものです。 もしもよろしければ、当社からもご紹介いたします。 (もちろん、肌に合わないのであればお断りください。) ーーーーー   私がいつも思う事はこれです↓。   相談する相手を間違えると大失敗する。という事です。 今回のAさんの事例(ホントのリアルな事例)でもわかりますが、相談相手を間違えたために、大失敗に陥っている状況です。   これは、気の毒としか言いようがありません。 相談を受ける側も知識がないという悲しい現実のようです。   私の認識では、業務を受けるのであればしっかりとお客様目線に立ち、お客様のメリットを考えるべきではないでしょうか。   そういったことができない人が営業をすること自体、営業的人格的欠陥でしかないと思います。   営業マンの気持ちは分からなくはありません。 ノルマ達成は今後の自分の人生においてものすごく影響をきたすのですから。 でもね、営業マン自身にはもう一度よく考えてもらいたいのです。   そういった人を騙すような事ができる余裕があるのなら、 その分勉強して、人に安心を与えられる人間になってみろ!   そういう努力もしない人間が、仕事が取れないのは自業自得ではないのだろうかと。 そんな営業マンは、どんどん落ちぶれて排除されることは、社会からすれば良い影響を与えるのではないか、、、、。 そんなことを思ったりします。   どんなことでもそうだけど、仕事を任せる時は、会社の規模を見て判断するのは、失敗のもと。 その担当者の人格をしっかりと見てほしいのです。 本当に責任を持って仕事を完遂してくれるだけの想いと技量を持っているのか?   そこが評価の分かれ目だと私は思うのです。   会社はただの仕事紹介所。 営業マンは個人営業で仕事を取ってきて結果を出してこそ、次の仕事がもらえるという一個人商店。 営業マンの責任は会社にもある(はずだ)けれど、会社は営業マンの責任を取ってくれないように思います。    そんな個人の本音。     わいわい物件提案ロボ君で、会員登録しましょう! わいわい物件提案ロボ君で、会員登録しましょう! 土地情報ロボ君に最新情報を紹介してもらおう 土地情報ロボ君に最新情報を紹介してもらおう スーモ、ライフルホームズ、アットホームの物件リスクがわかります スーモ、ライフルホームズ、アットホームの物件リスクがわかります
>> 続きを読む

生まれたときから、人の投資は始まっています (Sat, 10 Nov 2018)
人生豊かにするのも投資。しないのも投資。 人生豊かにするのも投資。しないのも投資。 不動産の売買をする場合、高いお金のやり取りが発生するため、怖い! そう思っている方は少なからずいるかと思います。   不動産の賃貸をする場合であっても同様なのですが、売買に比べ契約時に使うお金が少ないせいか、意外と気軽に考えている方も多いかもしれません。     投資の見かたも必要です 投資。 投資というと、なんだか関わりたくないとかやりたくないという方は多いのではないでしょうか。   しかし、結論から言うと、関わりたくないと言っている人も、既に関わっているのです。   それは、 自分の人生への投資です。 もうやっていますよね。。。     投資って? あなたは、小学生で勉強が大嫌いでした。 勉強なんて意味がない。だから俺は誰に何と言われても勉強なんてしない! 義務教育である中学校までは仕方がなく通学しましたが、高等学校は行きませんでした。 あなたは、高等学校に進学しないという投資を自分のために選びました。   あなたは、●●株式会社に就職しました。 あなたは、その会社に自分の人生を投資したのです。 あなたは、自分のスキル(能力)を上げる投資に成功しているでしょうか?   あなたは、スーパーに生らーめんを買いに行きました。 生らーめんは、賞味期限が短いので早めに調理して食べる方が良いのですが、あっという間に賞味期限(消費期限)を過ぎてしまいました。 ゴミになりました。 あなたは、生らーめんに投資したのです。失敗しましたが、、、。   あなたは、車で旅行に行きました。 料金を支払って高速道路を使いました。 高速道路を使う理由は時間短縮のためです。 つまり、お金で時間を買うという投資をしたことによって、余裕の時間ができるので、自分のために使うことができるのです。余った時間でアトラクションを一つ多くすることができ楽しい時間をより長く過ごすことができました。 あなたは、お金で時間を買う投資をしたのです。大成功です。     つまり、全て投資なのです あなたは結婚しました。 配偶者と一生一緒に過ごすという契りを結びました。 これは、自分は「相手に自分の存在と自分の時間を投資」し、相手は「自分に投資をした」のです。 人生をかけて。   これまたすごい投資ですね。   不動産に関して言い換えると、お家を買うにしても、借りるにしても、貸すにしても、全て投資なのです。 もちろん、投資用不動産はまさに字のごとくとなります。 その他に、株式、債券、リート、生命保険など様々なものがあるかと思いますが、これらだって投資と同義となるでしょう。     投資をするなら、勝ちたい。 投資をするなら勝ちたいと思うのが人情。 人の常です。   不動産を購入するか、賃貸にするか、を真剣に考えることは大切です。 ここで考えることの多くは、金銭的な事情です。 金銭で購入の方が得だ。とか、賃貸の方が得だ。という論理はありますし、よくインターネット上にもそういった記事がたくさんあります。   しかし、大切なのは人生においての投資だという事です。 お家のを所有するのも借りるのも、住居に対してどう考えているのかという個人の考え方が大切であるのです。   金銭的な部分だけが投資の対象ではありません。 心の満足度、やりがい、いきがい。 そういったものにも投資ができます。     住宅ローンも支払家賃も負債です 住宅ローンの利息は、勘定用語(かな?)で「負債利子」と言われます。 負債ですね。     毎月支払う家賃はどうでしょうか。 これも負債ですね。     住宅ローンも、家賃も、どっちも負債であることに変わりはありません。 一生、どこかに住むためには払っていく必要がある経費と考えられるわけです。   経費は、すべて負債です。   まとめ(人生、負債はつきもの) 人生には、負債はつきものです。   負債をイヤがっていたら、買物もできません。 貸借対照表でいうところの コーヒー130円(資産の欄) | 現金130円(負債の欄) (130円のコーヒーを130円の現金を支払って購入した。) (130円の現金が減った代わりに130円のコーヒーが増えた。) です。     このように毎日の買い物だって負債がつきものなのです。 人は給料を稼いで、お金を支払って、それらを循環をさせて生きています。 負債は誰もが抱えたくないものではあります。 しかし、資産、負債、資本の関係は絶対に切れることはありません。 負債をプラスに考え、負債とうまく付き合うことによって、人生をより良くしていくことができるはずです。   そんなことをふと思った、というひとりごと(笑)。     わいわい物件提案ロボ君で、会員登録しましょう! わいわい物件提案ロボ君で、会員登録しましょう! 土地情報ロボ君に最新情報を紹介してもらおう 土地情報ロボ君に最新情報を紹介してもらおう スーモ、ライフルホームズ、アットホームの物件リスクがわかります スーモ、ライフルホームズ、アットホームの物件リスクがわかります
>> 続きを読む

(不動産の)相談を受けることはいつも楽しいです(笑) (Thu, 08 Nov 2018)
相談を受けるのは、とっても楽しいぜ!(笑)。   ↑これが私の本音です(笑)。     とっかかりとして相談だけじゃ悪いのでしょうか? 結論から先に申しあげると、悪くありません(笑)。   (理由⇒)   お客様がわからない事・不安な事を気軽に質問が出来なければ、私が不動産業界に入った意味がないと考えているからです。 そもそも論ですが、私自身がとても敷居が低いし(笑)、皆様の困っていることを解決できるように真摯にお手伝いしたいし、させていただきたいと考えています。     お客になっていないのに、申し訳ありません。 これは、とても良い話しなので書いてしまいますが、お客様にはまだなっていない?(笑)とおっしゃるお客様からこんな事を言われました。   でもね、私の想いとしては、ご縁で知り合いになれたのですから、困ったことがあれば遠慮なんかいらないので、どんどん相談してほしいと思っています。   やっぱり、誰かに必要とされて、誰かに役立って、誰かに喜んでもらえることはうれしいもの。 それでこそ、自分の存在意義があるというものです。   もちろん結果として業務が発生するのであればお任せいただければとってもうれしい限りです。 どちらにしても相談の全部が全部仕事になるわけでもないし、ご縁があれば仕事になるという単純なことなのだから、自分自身はそういったことをいちいち考える事なく無欲で取組んで、皆様に笑顔になってもらえるようなお話しをしたいと思っているのです。     それ。きれいごと? えぇ。 同業者からすれば、きれいごとを言ってやがる。と言われるかもしれません(笑)。   でもね。事実、私はこの丸6年間、その想いで仕事をしてきた実績があるし、これからもその想いを大切にして、自分のやりたい仕事を具現化していきたいと思っています。   もしも自分のやっていることが他人様に喜んでいただけないのであれば、それは自分の考え方も悪いし、方法論も悪いのです。 私が最も大切にする課題は、皆さんに喜んでいただいて、自分自身の存在意義を明確にする事だと思います。     喜んでくれる人がいるとうれしい。 私は不動産業界に入る前。 サラリーマン時代に問答無用の状況の中で倒産と無職を経験させられました。 しかし、今では本当に良い経験が出来たと思っています。   いの一番にうれしかったのは、その会社を辞めることができたことです(笑)。 これは超超超ダントツに一番うれしかった(笑)。あの感動は忘れられないよ(笑)。 次にうれしかったのは、常軌を逸脱したさまざまな経験をすることができたことです。 そして今の自分があの苦しさをバネにすることができ、自分に正直に、素直でいられるからです。   倒産サンキュー!って感じだし、倒産&無職&期間限定アルバイト、ベリベリベリーハッピー!って感じです(笑)。 今はね、、、、(笑)。   こういうひどい経験をしたことで、人に対して優しくできるようになったと思うし、人の辛さを理解しようとすれば、それ相当の辛さは理解できるようになったと思います。 経験がものをいいますよね(笑)。     トラブルにはかならず相手がいる トラブルには、相手がいます。   そして同じ言葉を聞いたとしてもAさんはプラスに受け取ってくれるけど、Bさんは全く違った意味でマイナスに受け取ってくれる、、、。   こんな事は日常のことです。 ですから、自分はどういう想いで相手に話をしているのか、それを理解してもらえるように、誤解がないように説明することは必要です。   それでも、理解してくれない人は必ずいるのです。 別に自分が悪くなくたって、相手がそう感じることはあるのです。 そんな時は、もうお手上げです。   たまに被害妄想を持たれる方いますけど、案外その本人の受け止め方の問題もあるのです。 そういった方に出会ってしまった時、相手の考え方を変えようとしても、できることは多くありません。 だから、自分の考え方や対処の仕方を工夫したり、さらには解決の方法論を勉強するのです。 自分が変わって、どう対応するか考えることがトラブルを未然に防ぐポイントになるように思います。     トラブルが解決できると、とてもうれしい。 不動産にまつわるトラブルを解決すること(できること)はとてもうれしいことです。   最終的には、ご本人様(相談者)に頑張っていただく部分が相当に大きいのですが、私が少しでもお役にたたせていただいて、喜んでいただければ、これは私にとってのやりがい生甲斐なのです。   ホントうれしいよね。     わいわい物件提案ロボ君で、会員登録しましょう! わいわい物件提案ロボ君で、会員登録しましょう! 土地情報ロボ君に最新情報を紹介してもらおう 土地情報ロボ君に最新情報を紹介してもらおう スーモ、ライフルホームズ、アットホームの物件リスクがわかります スーモ、ライフルホームズ、アットホームの物件リスクがわかります
>> 続きを読む