相続納税する人は全体のおよそ4%。残りの96%のご家庭にこそ相続時の悩みは多いのです。

府中市の不動産売却 有効活用 相続対策 土地 一戸建 マンション 投資用不動産

府中市専門の不動産コンサルティング店として、皆さまをサポートいたします。

相続節税、納税対策、不動産の有効活用、不動産の売却、賃貸管理等全て対応いたします。

(ご要望により、近隣市区は対応しております。)

 

相続・節税 相談

プロと一緒に節税と対策

節税のために投資不動産を購入したり、お持ちの土地に賃貸物件を建築したり、または最近注目を集めている民事信託を利用するなど様々な手法があります。

→詳細はクリック

 

財産診断 相談

プロとの財産診断

多くの資産家は漠然と全資産のイメージをお持ちですが、数値化して管理をしている方は少ないと思います。

数値がわかれば、次の一手を打つことが可能になるのではないでしょうか。

→詳細はクリック

不動産投資 相談

プロと二人三脚、不動産投資

賃貸不動産を所有する不動産投資。

毎月お通帳に入金される喜びは、オーナーにならないとわからないものです。プロのアドバイスで安心経営ができます。

→詳細はクリック

 



家族信託 相談

元気なうちの事前準備が幸せの一歩

認知症の事前対策は必要ない!という家族ほど認知症が発生した途端にモメる事が多いと感じます。家族の為に準備をしておくこと。それは家族想いの行動であると思います。

→詳細はクリック

不動産売却 相談

不動産売却のプロと共に納得いく売却

不動産売却は、不動産仲介会社に任せてしまい、後はブラックボックスのように依頼者からは見えないものです。依頼者が騙されることのない納得の売却を実現しています。

→詳細はクリック



不動産取引のプロである前に「心」のプロフェッショナル

不動産業務は、地域の皆さまの幸せの基盤に接する仕事です。

そして、皆様の幸せを見据えながら、街づくりに貢献する事でもあります。

つまり、不動産業従事者は、自分の利益も考えるのは当然の事、思いやり、おもてなしのプロでなければなりません。

 

常に依頼者様の目線に立ち、業者とひも付くような行為をせず、また依頼者様への背任行為をせず、一緒に考えてまいります。

 


一般の「不動産仲介会社」との違いについて

 

不動産相続、節税対策、納税対策、不動産有効活用などは、

一般的な仲介会社に行っても対応しておりません。 

 

メジャーな不動産会社は不動産の売買仲介または賃貸仲介が主力業務となっており

不動産有効活用や相続対策の知識を持っている営業マンはほとんどいません。

そのため、財産診断から始まる複合的な知識を要する総合的コンサルティングはできません。

 

事業構想・構築 所要資金の調達 事業収支計画 賃貸建物建設による土地有効活用策 等価交換 権利調整 テナント計画 賃貸管理 不動産投資分析 相続対策 不動産税制 借地権・底地 建築・公法・私法 建築施工・解体・リフォーム 建物維持管理 経済・金融 景気動向 etc......

 

依頼者様の利益を最優先し、一緒になってよい形を作り上げていきたいと考えております。

  

 


わいわいアットホームのユニークな提案 

売却の相談をする前に、ご自身で売却査定をしてみませんか?

無料で利用できる「とっても便利なAI機能査定」です!

無料で利用できる!ご自身で府中市内の不動産査定が可能です
ビッグデータを用いた無料のAI査定!とても簡単です

当社と私の想いを簡単に書かせてください

 

株式会社わいわいアットホームは府中市と近隣市区に特化した不動産売買仲介を中心に活動をしてまいりましたが、この度、不動産コンサルティング(相続対策・節税、有効活用、投資用不動産、賃貸管理)業務を開始いたしました。

案件の難易度により各種専門家(弁護士、税理士、司法書士、家屋調査士等)と一緒に対応いたします。

―――――――

平成24年10月 銀行系不動産仲介会社から独立し起業しました。

 

私が不動産業界に入ったのには理由があります。  

それは私が不動産業界に入る前に勤務していた会社が不動産購入が原因で倒産しました。

 

後から知ったのですが 、社長の不動産に対する無知と、あまりにずさんな資金計画があったようです。

さらには営業マンにうまいようにおだてられてその気になってしまったそうです。

後悔先に立たずとは、まさにこのことです。

幸か不幸かその様なことに巻き込まれてしまい私自身が本当に苦しい経験をすることになりました。

 

私がこのような苦しい経験を身をもって経験したわけですから、

その様な人が、他にもたくさんいるのだろうと思ったのです。

 

私が正しい知識を持ち、皆様に有意義で正しいアドバイスができれば、後悔や失敗のない人生を歩んでいただく事をサポートし、喜んでいただけると考えました。

私自身にとっても、やりがいや生甲斐を感じられる仕事になるだろうとも。

 

 

不動産の売却・不動産の有効活用・相続対策など全体のバランスを考慮しながら検討しなくてはならない為、それらは、とても難しいものです。

相続された皆様やこれから有効活用をされるという段階では、どんなに仲の良い兄弟姉妹であったとしても、多くの場合とてもピリピリするものです。

それは利害関係が生じてしまうという事があるからです。

 

そんな皆様の心への配慮もしながら皆様と共に人生の喜びという礎を築いてまいります。

 

 

府中市不動産売却(土地/一戸建/マンション/投資用不動産)

府中市・近隣市区 不動産売買専門店 わいわいアットホーム 松田博行

「囲い込み調査」TV放送 当社調査協力

自宅に居ながら府中市の不動産売却査定ができます
自宅に居ながら府中市の不動産売却査定ができます

株式会社わいわいアットホーム

〒183-0056

東京都府中市寿町1-4-17寿ビル303

代表 松田 博行

電話 042-319-8622

Fax 042-319-8623

mail info@waiwai7.com

定休日 水曜日・祝日

府中駅北第2庁舎横!

京王線「府中」駅徒歩3分です!

www.waiwai7.jp Blog Feed

固定資産税とはどんな税金?軽減措置があるのを知ってる? (火, 21 5月 2019)
1.固定資産税とは 資産(土地や家など)に対して発生する税金で、各市区町村が徴収しています。 固定資産税を「地方税」として支払わなければならないのには理由があります。 住宅が建築されて街が形成されると、道路や上下水道、学校などの設備や、ゴミの収集などのサービスが必要になるからです。   インフラ整備や行政サービスを行うための財源確保のために固定資産税の徴収が行われます。     納税義務があるのは各資産の所有者で毎年1月1日現在の所有者に対して課税されます。 そのため、その年の1月2日以降に土地およびマイホームを購入した場合は、翌年以降に課税が開始されます。   納付額が決定すると、その年の5~6月ころ納税義務者へ通知が送られます。 家を購入後の翌年に納税通知書が届きますので、 資金繰りを考慮して、納付期限や金額を事前に見積もって、 年間の家計費用として考えておかなければなりません。   土地の評価価格は4種類ありますが固定資産税は4番目の固定資産税評価額で計算されます。 1. 公示価格(国土交通省) 2. 基準値標準価格(都道府県) 3. 相続税路線価格(国税局) 4. 固定資産税評価額(市長村)   ※()内は決定機関です。   固定資産税=固定資産評価額×税率で計算されます。     2.固定資産税には軽減措置があります 所有する住宅や土地が一定の条件を満たしていれば、税負担額を減らすことができます。 控除を受けるためには、軽減される条件が適用されるかを確認し、申告手続きをしなければなりません。   【固定資産税の減税ができる条件】   ■【土地】住宅用地(小規模住宅用地・一般住宅用地) 住宅用土地のうち、次の要件を満たしているものは固定資産税が減税されます。   小規模住宅用地(200㎡以下の部分):課税標準の1/6 一般住宅用地(200㎡を超え、住宅の床面積の10倍までの部分):課税標準の1/3 マンション・アパート・戸建てが建つ土地はこの減税が適用されます。   但し固定資産税の課税が確定する1月1日時点において建物が建っていなければなりません。   つまり住宅が建設予定、あるいは建設中で、1月1日時点で未完成であれば、住宅用地として固定資産税減税の適用はされません。     ■【建物】新築の家 新築の建物で、床面積が50㎡以上240㎡以下であれば、建物部分の固定資産税が3年間、あるいは5年間に限り2分の1になります。 建物構造による異なる場合がありますので下記の資料をご参考にしてください。   http://www.mlit.go.jp/common/001231003.pdf     ■【建物】空き家 人が住んでいない空き家であっても、住宅用の土地であれば減額措置があります。   先にご説明したのと同様に、200㎡以下の部分については6分の1、また200㎡を超えた場合は床面積10倍までは固定資産税が3分の1になります。     ■【建物】認定長期優良住宅 認定長期優良住宅に認定されると、120㎡を超えない範囲で固定資産税が2分の1になります。   減額を受けられる建物の要件は次の通りです。   床面積が50㎡以上、240㎡以下(但し貸家は40㎡以上、240㎡以下) もし店舗兼併用住宅などであれば、住宅部分の床面積が2分の1以上でなければこの減額措置は受けられません。     その他、減税処置できる方法があるかも知れません。   また減税対象になるか詳しくお知りにないたい方はお近くの税務署にお問合せ下さい。   国土交通省HPの下記を参考にして下さい。 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr2_000011.html     スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる 土地情報をいち早く欲しい方向け 土地情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け

>> 続きを読む

子ども人口 38年連続減少?!少子化と日本の不動産購入のこと (Tue, 21 May 2019)
こどもの日に合わせて、総務省:最新データを発表 総務省が5月5日の「こどもの日」に合わせて毎年公表する15歳未満の子どもの推計人口(4月1日現在)は、外国人を含めた15歳未満の人口は1533万人と前年より18万人減り、比較可能な1950年以降、過去最少を更新しました。   (==;)   どうやら38年連続で減少が続いているようです。   子供が増えたら子供の笑い声が増えてほくほくすると思っている私としては、今回の発表はとても残念です。   https://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi1200.html   令和元年(2019年)となりましたが、 平成の時代は少子化の流れを止めることなく終えました。 平成最初の年にあたる1989年、合計特殊出生率が戦後最低の1.57まで落ち込み、「1.57ショック」と言われたようです。 世の中が「少子高齢化」を強く意識した出来事でしたが、その後、その数値を一度も上回ることなく平成は終わりました。 何とも残念です。   「こどもの日」とは、日本における国民の祝日の一つで、端午の節句である5月5日に制定されています。 祝日法2条によれば、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨とあり、1948年7月20日の祝日法の公布および即日施行により制定され、今はゴールデンウィークを構成する日の一つの祝日です。   個人的にはこのような「こどもの日」といった行事を通じて、少しでも少子化の流れに歯止めが掛かってくれるとうれしいです。     子どもの人数は1989年(平成元年)の2320万人から1533万人。 (787万人の減少で、なんと3割超の減少) ピークだった1975年の2989万人と比べるとほぼ半減しています。 出生児数の減少による少子化の流れが続いていることと、1980年前後の子供が多かった事を如実に物語っています。   都道府県別(2018年10月1日時点)では、東京都が8千人増加、沖縄県が横ばいで、そのほかの45道府県では減少したようです。   子どもの割合が最も大きかったのは沖縄県の17.0%で、最小は秋田県の10.0%だったようです。   3歳ごとの年齢区分では、 12-14歳が322万人と最も多く、 9~11歳321万人、 6~8歳309万人、 3~5歳295万人、 0~2歳286万人と、 年齢区分が下がるほど人口が減っています。   男女別では 男子が785万人、 女子が748万人と、 それぞれ9万人減となりました。     こどもの数及び割合の推移 少子化と日本の不動産購入について 安倍政権は少子化対策を重要政策の一つとして掲げていますので、 歴代の政権が効果的な手を打てずにいる事を表しているのと、 長年にわたって定着した低出生率を反転させるのは容易ではない事を如実に表しています。   そのような時代でどのようなエリアで不動産購入をするべきなのでしょうか?   データ上は、残念ながら少子化を止めることが難題である事を表した格好となっています。 しかし、この数値を見て気づく事として不動産の資産価値が高い主要都市はこどもの数もそれほど減っていません。   その為、どのエリアで不動産購入をするべきかを考える際には主要都市で購入する方がおススメである事と子育てもし易い環境が整っている可能性が高い事を表しているのではないでしょうか?   ぜひ、今後の不動産購入の参考にしていただければ幸いです。     都道府県別こどもの数及び割合(2018年10月1日現在) スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる 土地情報をいち早く欲しい方向け 土地情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け

>> 続きを読む

ちょっとしたミスからの、うれしい出会いに発展(笑) (Tue, 21 May 2019)
やってしまったぁ。 ついにやってしまったぁ。   通常であると、けっこうな痛恨のミス。 といっても、今回のケースは色々とあって、お客様(Aさん)と私ともう一つの業者の三者全てが勘違いをしてしまったという感じでして。 まさに不覚の事態です。     謝罪をしに、、、 そのミスに気が付いた私は、まずは依頼主であるAさんに連絡をしました。 そしてAさんとすぐに面談をし、状況を明確に説明しました。   いやぁ、ホントに参りました(笑)。 で、今後の対応として、3つの提案をしました。   1.現状回復 2.不動産の有効活用 3.不動産の有効活用   この3つです。   で、ありのままの事実として状況等を説明すると、Aさんとしては現状回復は必要ないとの認識で、逆にこれで良かったよと喜ばれてしまいました(笑)。 Aさんご本人は自分が悪いという意識だったので、お互いに申し訳ないという気持ちでお互いを理解し合う関係となりました。 あぁ、良かった。 信頼関係がちゃんと継続し、逆に信頼関係が深まることとなり安心しました。   これで、お困りになられたらどうしようかなと思っていたのですが、なんとなく私のイメージに近い形で喜んでいただけて良かったなぁと素直に思いました。安心しました。   2の不動産有効活用もいいけど、3の不動産有効活用の方がいいなぁという事で、 今後は、3の不動産有効活用でお話しを進めてほしいとの依頼を受けることになりました。     ミスから地主様からの依頼が Aさんの親は、地主様なので、不動産をたくさん所有しているのですが、 その地主様より、今後、他の不動産に係る相談事をしたいという事で、 リフォームや、不動産の有効活用についても、後日お願いねと言われました。   う~ん、不幸中の幸いとはまさにこれの事。 Aさんと一緒に喜ぶことになりました(笑)。     今後 ほんと、こんな痛恨的ミスは初めてでした。 所有者様のお話しにちゃんと耳を傾けるのは当然の事なのだけど、 だからと言ってそれを真に受けて、そのまま手続きを進めてはいけない事を、 改めて確認しました。   確認することはお客様の為。 そう思って反省をし、改善しなくてはいけないなと再確認しました。   今後はミスがないように、しっかりと事前の確認をして、事にあたらなければならないと思いました。   あぁ、喜んでいただける結果になって、本当に良かった(笑)。     スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる 土地情報をいち早く欲しい方向け 土地情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け

>> 続きを読む