相続納税する人は全体のおよそ4%。残りの96%のご家庭にこそ相続時の悩みは多いのです。

府中市専門の不動産コンサルティング店として、皆さまをサポートいたします。

相続節税、納税対策、不動産の有効活用、不動産の売却、賃貸管理等全て対応いたします。

(ご要望により、近隣市区は対応しております。)

 

相続・節税

コンサルティング

プロと一緒に節税と対策

節税のために投資不動産を購入したり、お持ちの土地に賃貸物件を建築したり、または最近注目を集めている民事信託を利用するなど様々な手法があります。

→詳細はクリック

 

財産診断

コンサルティング

プロとの財産診断

多くの資産家は漠然と全資産のイメージをお持ちですが、数値化して管理をしている方は少ないと思います。

数値がわかれば、次の一手を打つことが可能になるのではないでしょうか。

→詳細はクリック

不動産投資

コンサルティング

プロと二人三脚、不動産投資

賃貸不動産を所有する不動産投資。

毎月お通帳に入金される喜びは、オーナーにならないとわからないものです。プロのアドバイスで安心経営ができます。

→詳細はクリック

 



家族信託相談

元気なうちの事前準備が幸せの一歩

認知症の事前対策は必要ない!という家族ほど認知症が発生した途端にモメる事が多いと感じます。家族の為に準備をしておくこと。それは家族想いの行動であると思います。

→詳細はクリック

不動産売却相談

不動産売却のプロと共に納得いく売却

不動産売却は、不動産仲介会社に任せてしまい、後はブラックボックスのように依頼者からは見えないものです。依頼者が騙されることのない納得の売却を実現しています。

→詳細はクリック



不動産取引のプロである前に「心」のプロフェッショナル

不動産業務は、地域の皆さまの幸せの基盤に接する仕事です。

そして、皆様の幸せを見据えながら、街づくりに貢献する事でもあります。

つまり、不動産業従事者は、自分の利益も考えるのは当然の事、思いやり、おもてなしのプロでなければなりません。

 

常に依頼者様の目線に立ち、業者とひも付くような行為をせず、また依頼者様への背任行為をせず、一緒に考えてまいります。

 


一般の「不動産仲介会社」との違いについて

 

不動産相続、節税対策、納税対策、不動産有効活用などは、

一般的な仲介会社に行っても対応しておりません。 

 

メジャーな不動産会社は不動産の売買仲介または賃貸仲介が主力業務となっており

不動産有効活用や相続対策の知識を持っている営業マンはほとんどいません。

そのため、財産診断から始まる複合的な知識を要する総合的コンサルティングはできません。

 

事業構想・構築 所要資金の調達 事業収支計画 賃貸建物建設による土地有効活用策 等価交換 権利調整 テナント計画 賃貸管理 不動産投資分析 相続対策 不動産税制 借地権・底地 建築・公法・私法 建築施工・解体・リフォーム 建物維持管理 経済・金融 景気動向 etc......

 

依頼者様の利益を最優先し、一緒になってよい形を作り上げていきたいと考えております。

  

 


わいわいアットホームのユニークな提案 

売却の相談をする前に、ご自身で売却査定をしてみませんか?

無料で利用できる「とっても便利なAI機能査定」です!

無料で利用できる!ご自身で不動産査定が可能です
ビッグデータを用いた無料のAI査定!とても簡単です

当社と私の想いを簡単に書かせてください

 

株式会社わいわいアットホームは府中市と近隣市区に特化した不動産売買仲介を中心に活動をしてまいりましたが、この度、不動産コンサルティング(相続対策・節税、有効活用、投資用不動産、賃貸管理)業務を開始いたしました。

案件の難易度により各種専門家(弁護士、税理士、司法書士、家屋調査士等)と一緒に対応いたします。

―――――――

平成24年10月 銀行系不動産仲介会社から独立し起業しました。

 

私が不動産業界に入ったのには理由があります。  

それは私が不動産業界に入る前に勤務していた会社が不動産購入が原因で倒産しました。

 

後から知ったのですが 、社長の不動産に対する無知と、あまりにずさんな資金計画があったようです。

さらには営業マンにうまいようにおだてられてその気になってしまったそうです。

後悔先に立たずとは、まさにこのことです。

幸か不幸かその様なことに巻き込まれてしまい私自身が本当に苦しい経験をすることになりました。

 

私がこのような苦しい経験を身をもって経験したわけですから、

その様な人が、他にもたくさんいるのだろうと思ったのです。

 

私が正しい知識を持ち、皆様に有意義で正しいアドバイスができれば、後悔や失敗のない人生を歩んでいただく事をサポートし、喜んでいただけると考えました。

私自身にとっても、やりがいや生甲斐を感じられる仕事になるだろうとも。

 

 

不動産の売却・不動産の有効活用・相続対策など全体のバランスを考慮しながら検討しなくてはならない為、それらは、とても難しいものです。

相続された皆様やこれから有効活用をされるという段階では、どんなに仲の良い兄弟姉妹であったとしても、多くの場合とてもピリピリするものです。

それは利害関係が生じてしまうという事があるからです。

 

そんな皆様の心への配慮もしながら皆様と共に人生の喜びという礎を築いてまいります。

 

 

「囲い込み調査」TV放送 当社調査協力

株式会社わいわいアットホーム

〒183-0056

東京都府中市寿町1-4-17寿ビル303

代表 松田 博行

電話 042-319-8622

Fax 042-319-8623

mail info@waiwai7.com

定休日 水曜日・祝日

府中駅北第2庁舎横!

京王線「府中」駅徒歩3分です!

www.waiwai7.jp Blog Feed

マンション「修繕積立金と管理費」のオーバートーク (金, 22 3月 2019)
年明けから春先まで不動産の繁忙期と言われますけども、こういう時期は不動産会社のテレビコマーシャルが増え、ネットには不動産に関するニュースが多く流れるようになります。   情報が多く出ているときに気を付けたいのが「冷静に判断し、鵜呑みにしない事」   特に不動産のお金に関する記事は、前提条件があやふやで、著者に都合の良い書き方になりがちです。   ある記事ではマンション購入時の修繕積立金・管理費に対する注意喚起で、マンションを購入する際には「修繕積立金・管理費」を考慮して、返済計画を立てましょうと正論が書かれていました。 それ自体はとても正論ですが、この記事であれ?と思うのは、あまりに現実離れしたオーバーな内容で書かれているのです(笑)。     1・の変 中古マンションは、「住宅ローンの返済額」よりも「管理費と修繕積立金の支払額の方が多くなる可能性がある!」と書かれている、、、。   そんな事ってある?   私、府中市内に限らず他の市区町のマンションの長期修繕計画を見ているけど、そんなマンションほとんどないんだけど、、、(笑)。   たしかに、管理費と修繕積立金の合計が5万円とか7万円(月額)という物件は、すごくたま~に見ることはあるけど、そういった物件の価格って周辺のマンションと比較するととっても安いよね。     2.の変 国交省の調査では、多くの「中古マンション」で修繕積立金が不足していて適正ではないことが指摘されています。   最近こそ国土交通省主導で管理費と修繕積立金の計画的な試算が定められていますが、昔は管理組合まかせだったためか、積立不足が多かったのです。   さらに、管理費と修繕積立金が急上昇している「中古マンション」が多数あると著者は言っています。 でもね、私は変だなぁと思うんですね。   中古マンションの修繕積立金が安いのは、新築マンションの時に安すぎるからだよね、、、。 中古だからというのは関係ないよね(==;)。   さらには、「急上昇」という言葉は、ちょっとおかしな話だなぁと、、、。 変に煽りすぎてないかい?って思うね。 新築時に安めに設定するマンションが多いのは、「新築マンションを売りやすくしたい」というデベロッパーの意向が強いのです。 なぜなら、修繕積立金・管理費が低い方が「買いやすさ」をアピールできるからです。     3.の変 「中古マンションだから修繕積立金・管理費が高い」と思わせるような感じ。 これは明らかな間違いです。   文中で紹介されている「修繕積立金・管理費合わせて月16万」の例があるのですがこの事例のチョイスはおかしい。 いったい、どんなマンションなんだい?   ついこの前、府中市内の築後30年のマンションは月額で2.5万円くらいでした。 もしも、修繕積立金・管理費合わせて月16万円なんていう物件であれば、せめて立地、専有面積、設備等の詳細なども説明するべきですよね。 そういったことは、一切書いていないのね。   新築・中古に限らず、修繕積立金・管理費が高いマンションと安いマンションがあるのですから、中古マンションだけが特別に高いというのは説明としては変です。     4.の変 「古くて高くなる修繕積立金」と思わせるような言葉づかい。 先に述べたように、古いから高いではなく、当初の計画から、後々修繕積立金が上がるように設定されているだけです。   いわゆる健全経営というわけですが、マンションの維持保全については、古いほど修繕費が上がり続けるという決めつけはやり過ぎです。     5.の変 一番イケナイ説明なのが、修繕積立金・管理費は「安ければお得」という意味合いの言葉。 これは本当に良くない。   修繕積立金・管理費には目安があって、平均的な目安から安い設定のマンションは、「安く設定している理由」があります。 そして修繕積立金・管理費が平均より安いマンションほど、後から設定額が上がって、支払いが苦しくなるリスクが高くなる可能性もあります。   大切なことは、修繕積立金・管理費が将来上がっても生活に支障が出ない資金計画であり、修繕積立金・管理費を安くした分、物件価格に予算を割くことではありません。   新築でも中古でも、現在時点の修繕積立金・管理費よりも、今後の計画の方が重要です。   積立金が上がることを予測し、無理のない資金計画にしておかないといけませんし、引き上げの計画がないマンションは(特に築年数が新しいほど)先行きが不透明なので注意が必要なマンションと言えるかもしれません。   修繕計画がどれくらい安全なのかは、マンションを購入する上で欠かせない重要な検討材料です。 ご家族が幸せになるという本質を見落とさないようにしてほしいですね。     (宣伝として、、、(笑)) ちなみに当社のSelFin(セルフィン)を使うと、そのマンションで設定されている修繕積立金・管理費が平均よりも高いのか安いのかを簡単に調べることができます。 ※安めに設定しているマンションが多いのもよくわかります。     ご利用は無料なので、ぜひご活用ください。     スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる 土地情報をいち早く欲しい方向け 土地情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け

>> 続きを読む

二回目のマイホーム購入を考える時期 (Fri, 22 Mar 2019)
最近、府中市内でも背の高いマンションがいくつもあります。 たとえば、府中駅徒歩1分のルシーニュの上のマンション。 便利な立地のお家であれば、誰でも1度は住んでみたいと思うのではないでしょうか。   しかし、駅近の物件はとにかく高価! なので、やっぱりお財布とにらめっことなります(笑)し、ムリは絶対にいけません。   そんなことをいろいろと妄想していたら、このような記事を見つけましたのでご紹介します。 「住み替えは「北向きタワーマンション」を選びなさい」という記事です。 なるほど、いろんな考え方がありますよね。   という事で、これが全て正解とは思わないのですが、参考に読んでみるとおもしろいかもしれません。     環境を変えたくなる? 一回目のマイホームを購入後月日が経ち数十年も経つと飽きもくるし、どことなく古びても見える。 (そりゃ、経年劣化するんだから当たり前だよね(笑)。古くなればその分たくさんの思い出もあるわけだけどね。) 子どもが手を離れたことをきっかけに、住み替えしたくなる50代が増えているそうです。 なるほど。 それ、なんとなくわかります。 長く住んでいるうちにはに環境を変えたくなることはあるでしょうからね。   そんな50代の方が二回目のマイホームを購入を考えた場合、一番重要な事は資金計画です。 特に住宅ローンの返済は、若い人の場合は、35年でローンを組んだとしても完済までの期間が長いので、少々の無理があったとしてもどこかで帳尻を合わせようとすればできなくもないわけですが、リタイアまでの間や、それこそリタイア後になれば今の収入を維持できるという確約はありませんから、50代くらいになったら身の丈にあった堅実な返済計画を立てることがとても重要になってきます。   慎重に進めるためにも、1度しっかりとキャッシュフローを計算しておくをお勧めいたします。     具体的な計画は ・今後の人生をイメージしてみること 具体的に、どこに誰と住みたいのかを考えましょう。 それは都心なのか、郊外なのか、自然の中なのか、子どもの家の近くなのか、といった具合にです。   ・住みたい場所がイメージできたら実際に足を運び、住宅の価格や物価をチェックをする。 物件を見ると間取りからは想像出来ないものを感じ取れます。これって、とっても重要なことです。   ・住み替えにかかるお金を数値化しましょう。 今の家を手放したときに手元にいくら残るかを把握しておくことはとっても大切です。 「家を売って手元に残るお金」 +「無理なく拠出できる自己資金」 =「余裕を持って返済できる住宅ローン借入額」 で新しい家の予算はこの程度と明確な数値がわかります。   明確な数値がわかれば安心です。 無理のない範囲で検討をすればよいのです。 2回目のマイホーム選びは、“身の丈を考える”ことが重要だし大切です。   予算から逆算し、どれくらいの家が購入可能なのかに軸をおいて考えれば失敗はありません。   詳しくは下記を参照してください(笑) https://president.jp/articles/-/27376     で。 私は思うんですけど、こういった記事を見て、そればかりに偏ってはいけないと思うんですね。 人それぞれ、状況だったり考え方だったりが全然異なるので、一つの参考として、それをたくさん知って行動する事が大切だよなぁと思います。     スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる 土地情報をいち早く欲しい方向け 土地情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け

>> 続きを読む

契約取れれば、こっちのものよ、、、 (Mon, 18 Mar 2019)
府中市の不動産屋さんのひとりごと。 本日の日経新聞にこんな記事がありましたね。   タイトル::レオパレス施工不良 発端は「当時の社長指示」    レオパレス21は3月18日、施工不良のアパートが見つかった問題で、 外部調査委員会の中間報告書を公表したそうです。   原因や背景となる問題は「組織的・構造的に存在していた」と指摘しました。   仕様と異なる部材が使われていたアパートでは「当時の社長の指示」だったとしている。   きたーーー。     ウソがばれると怖いね 私なんか小心者だから、ウソつけないのよ(笑)ほんとに。 あとが、怖いもの。 ずっと、引きずるもの。   ウソついて、それがばれたときの相手方の怒りよう、、、。 これは、すごいものがあるでしょ。 個人間のちょっとしたことだって信頼を失うものなのに、 レオパレスの社長はアパート数千万円とか数億円の建築で、 こうも簡単にウソついちゃう(指示しちゃう)んだからすごいよね。   ちなみに責任問題になった場合どうなるのだろう。 このくらいの大きな会社の社長くらいの年収があれば、そのお金をどこかに隠しておけば、退職したところで痛くもかゆくもないのだし、現役の時にウソをついてでも稼いだ人間が得をするってことになるのかな、、、。それもおかしい気がするけどね。   仮に損害賠償請求が来たとしても、資産を隠していれば、被害者はどうにもできないだろうしね。 こういう事が、ごく普通にまかり通るのだからすごい世の中です。   わたし。 ほんとにこわい。 うそはいえないよ。     ビクビク人生はいやだよね。 世間で、勝ち組、負け組という言葉があるけど、 ウソで成り上がった勝ち組は、ビクビクして生きてんじゃないのかなぁ。 あぁいう営業トークをしている営業マンだって、もしも録音されたものがあったらどう? もしかして、、、と、やばいと思うんじゃない?   そんな状況で、収入がたくさんあったとしても、心の安らぎってないでしょ。 それって、本当に勝ち組なのかな、、、って思ったりするんだよね。   ことレオパレス21に関しては、やっぱりひどいよね。 社長自らが率先して不正をしていたという事なのだろうからね。 他の建設やサブリース会社も結構ひどいところあるけど、こういった建築で利益を取ってお客様をだますというビジネスモデル自体が成り立たない感はあるよね。   被害にあわれた方は気の毒なのだけど、もっと大家さんになる人は勉強しないといけないね。 騙されて悲しい想いをするのは自分であり家族なのだからね。     会社の大きさに騙されるな 私が今でもよく聞く言葉ですが、あの会社は大きいから不正はしないはずだ、、、。   その根拠のない根拠。 そして根拠のない自信。 どこからくるのかなぁ。 誰に教えてもらっているのかなぁ。   と思うんだよね。   会社ではなく、働いている人そのもの。 それが一番大事なのです。   お客様自身が、厳しい選球眼を持つことが自分や家族を守ることにつながるのです。 そこ。 とっても重要ですよ(笑)。     スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる スーモ、ライフルホームズ、アットホームを自分でチェックできる 土地情報をいち早く欲しい方向け 土地情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け 物件情報をいち早く欲しい方向け

>> 続きを読む